先輩の声 PEOPLE

お客様の生活をトータル
コーディネートできるように。

小売部門 雑貨 H17.8.24入社 原 真知子

Q. 入社したきっかけを教えてください。

地元の高校を卒業したあと大阪の専門学校へ進学し、インテリア・デザインを学びました。
私はいま雑貨・インテリア商品を仕入れるバイヤーとして仕事を行っていますが、昔からインテリアなどに興味があったのです。

専門学校卒業後は、住みやすく暮らしやすい出雲に戻って就職したいと思っていましたので、そのまま出雲に戻り入社しました。

入社後は、資格取得の補助制度を利用して、インテリアコーディネーターの資格を取得しました。
おかげさまで今は、好きな土地で、好きな資格を取り、好きな仕事をすることが出来ています。

Q. 今はどのようなお仕事をされていますか?

インタビュー写真 01

基本的にはバイヤーですので、商品を探してきて仕入れられるようにするのが仕事です。 お店のコンセプトを軸におきつつ、流行・話題性も考えながらの商品探しになります。色々なことを考えて進めないといけない仕事ですが、好きなものに関わっていられるのが楽しいと感じています。

雑貨・インテリアは商品の幅も広く数が多いので、その分面白い商品との出会いも多く、そうした商品を見つけるたび、早くお客様に紹介したいという気持ちになります。
また、実際にそれらの商品が売れていくのを見るととても嬉しいですね。

東京などで開かれる展示会やイベントへ足を運んで商品を探すことも多いのですが、新しい商品との出会いがあると思えば、ワクワクするので出張もあまり気になりません。楽しんで仕事ができていると思います。

Q. この仕事のどのような所が好きですか?

どの商品をどこに並べるか、みんなで考える「売場づくり」も楽しいですし、自分が「売れる」と信じた商品が、実際に売れていくところも嬉しいです。
他県で実績のある商品でも、地域の環境的事情や県民性などで売れないこともあり得ますので、本当にいろいろと考慮して選んだ商品、並べた商品がお客様に選んでいただけると、とてもやりがいを感じます。何にせよ、すきな仕事なのでやりがいは沢山あるように感じています。

Q. 将来の目標を教えてください。

お客様の生活を、もっとトータルでコーディネートできるお店づくりをしたいです。「家中、grappinoの商品だらけ」と言ってもらえるような(笑)。
そのために、良いものを見つけてくるセンスを磨いて、日々の情報にアンテナをはりたいと思っています。

OTHER INTERVIEW 他のインタビューを見る