先輩の声 PEOPLE

知らなかった私と会社との繋がり。
地域に必要とされる存在を目指して。

卸売部門 営業2部(学校、企業制服) H30.8.16入社 柳楽 柚希

Q. 入社したきっかけを教えてください。

地元の商業高校を卒業後に入社しました。学校の制服を取り扱っているということで、この間まで学生だった私にとっては親近感のある業種だったので、興味を持ちました。
実際に入社して仕事をはじめてみると、父の勤め先の制服や、私が卒業した学校の制服を納めさせて頂いていたりと、これまで気が付かなかった私と会社との繋がりに驚いています。
また、それだけ地域の皆様と関わっている仕事なのだと誇らしく思います。

Q. 今はどのようなお仕事をされていますか?

インタビュー写真 01

まだまだ仕事を覚えている段階ではありますが、それでもお客様から担当者として認めてもらい「これからよろしくね」と言われると、とても嬉しく思いますし、同時にもっと頑張らねばならないと強い気持ちになります。

また、採寸からお手伝いさせていただいた学生服などの商品を、きちんと最後までお届けできたとき、1つやり遂げたぞという達成感を感じます。きっと学生の方も私が届けた新しい学生服に袖を通してみて、これから来る新しい生活に胸をふくらませるのではないかと思います。そうした人生の一場面に関われるというのも、やりがいだと思っています。

Q. この仕事のどのような所が好きですか?

まだまだ仕事を覚えている段階ではありますが、それでもお客様から担当者として認めてもらい「これからよろしくね」と言われると、とても嬉しく思いますし、同時にもっと頑張らねばならないと強い気持ちになります。

また、採寸からお手伝いさせていただいた学生服などの商品を、きちんと最後までお届けできたとき、1つやり遂げたぞという達成感を感じます。きっと学生の方も私が届けた新しい学生服に袖を通してみて、これから来る新しい生活に胸をふくらませるのではないかと思います。そうした人生の一場面に関われるというのも、やりがいだと思っています。

Q. 将来の目標を教えてください。

まずはしっかりと仕事を覚える、というのが目標です。その上で将来は今よりももっと地域の人と関わって、皆様にずっと必要とされるような存在になりたいと思っています。
幸い、明るい職場で仕事も楽しいので、この会社であれば、きっと目標に向かってこれからも頑張っていけると感じています。

OTHER INTERVIEW 他のインタビューを見る